決算駆け込みパックご利用事例

決算駆け込みパックのご利用事例をまとめました。

お客様の状況

業種:船舶の売買・取引仲介

規模:年商3000万円、黒字、消費税課税

組織形態:株式会社

ご利用いただいたサービス・オプション

決算駆け込みパック(入力済み割引あり) + 消費税申告(年3回)(課税期間短縮のため)

お申し込みまでの経緯

自社で会計処理・税務申告を行っていましたが、税務調査で税務署と見解が食い違ったときに、専門家のバックアップが必要だと感じて当社に問い合わせがありました。

ご依頼前の状況

船舶の売買を仲介したり、自社で購入した船舶を転売したりする事業を行っています。取引ごとに売買/仲介の違いや船籍・取引地などが異なるため、個別に消費税の課税判定を行う必要があります。また、輸出免税となる売上が多く、消費税の還付を早期に受けるために課税期間の短縮を行っています。自社で会計ソフトへの入力を行っていましたが、消費税の取引判定に間違いが多く、税務調査でトラブルになったこともありました。

当社の対応

お客様が消費税の課税区分を正しく判定できるように、判定に必要な条件と判定フローを表にしてお客様にお渡しし、判定の間違いを減らした上で、決算時に当社がチェックする体制を作りました。 また、短縮された課税期間によっては課税売上高がなく還付を受けられないときがあったため、毎月課税売上が生じるような仕組みを提案し、実行いただくことで、消費税の還付を逃すことなく受けられるようになりました。

導入後の状況

3か月ごとの決算・申告のタイミングで当社に会計データをお送りいただいています。取引判定の間違いは相当減って、決算・申告が非常にスムーズになった上に、還付額の予測精度が大きく向上しました。

Copyright(c) 2000-2021 Back Office Inc. All Rights Reserved.