業務の流れ

サービスの範囲

当社のサービスは、「お客様がなるべく楽になるように」という考え方のもとに、当社が正確な帳簿を低コストで作成するために最小限のことだけをしていただければよいようになっています。

パートナーとの連携

お客様が複数の相手に同じことを伝えなくてもよいように、原則として、パートナーが関与する業務についても、当社のコンサルタントが窓口となって連絡を行います。

導入処理

お客様から必要な資料をいただき、当社のコンサルタントが、貴社の状況を把握し、初期の会計データの作成をしながら、その後の業務処理に必要な事項を決定して処理要項を作成します。

決算処理

導入処理時に作成した処理要項を元に、お客様からいただいた資料の入力をオペレーションスタッフが行います。入力中に出た不明点は全て質問事項リストに挙げ、コンサルタントによる確認後、お客様に質問としてお送りします。

  • 請求・入金確認・支払などの日常の出納業務
  • 第三者が作成できない記録(現金出納帳・立替精算表など)の作成(社長以外に従業員のいない場合には不要です)
  • 必要な資料の送付
  • 税務申告書用紙の送付
  • 質問への回答
  • 当社が算出した残高の確認
  • 税務申告書への捺印
  • 納税

質問への回答を全ていただき、不明点が解消した後、その会計期間分の月次試算表(貸借対照表・損益計算書)をお客様にお送りし、お客様の感覚とずれたものになっていないかどうかを確認していただきます。その後、税理士による納税額の計算と税務申告書の作成を行います。全てが終了し、税務申告書を提出した後、一年分の資料をファイリングし、お客様に返却します(※1)。領収書の貼付けはこの段階で行います。

納期

  • 原則として税務申告期限まで。お急ぎの場合はご相談下さい。

納品物

  • 月次試算表(貸借対照表・損益計算書・月次残高推移表・補助残高一覧表)
  • 税務申告書・決算書・勘定科目内訳書の控え(税理士が作成)
  • 総勘定元帳
  • 補助元帳
  • ファイリングした証憑書類

注意事項

  • 税務申告書・決算書・勘定科目内訳書の控え以外の納品物の送付は、サービス料金の入金確認後になります。
Copyright(c) 2000-2021 Back Office Inc. All Rights Reserved.